痛い芸能ニュース

痛い芸能ニュース
痛いニュース、芸能ニュースを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

結婚後の初試合だが・・・

フランス国際大会見ました。
井上康生。準々決勝で辛くも勝利し準決勝の舞台へ。
でも残念。決勝にコマをすすめられずに敗退。
北京五輪は厳しいかも。
かつてはちぎっては投げ、ちぎっては投げ のような全戦全勝選手だったのに。。
ピークを過ぎたのか、はたまた、周りが強くなったのか。。
かつて井上選手は「投げる・はねる・払う」の3拍子そろったまれに見るすばらしい選手だ!と
絶賛されていたのを思い出しました。
ここで終わってしまうのかな。。。
スポンサーサイト

世界陸上2007 見どころ

2007年夏 OSAKAに集った超人たちが動き出す

・世界新記録が期待される男子100m
・日本勢にメダルの期待が集まる女子マラソン

花形種目は絶対に見逃せません。

他にも見逃してしまうのはもったいない魅力的な種目がたくさんあります。
世界陸上を徹底的に楽しんでもらうために見どころをいくつかご紹介しますね。 

いわずと知れた4×400mリレー
陸上で最もヒートアップする種目ですね。
第1走以外は一斉スタートではないためペース配分が難しく、
最後の直線で大きく順位が変動することも少なくありません。
さながら運動会の学級対抗リレーのような熱があります。

「キング・オブ・アスリート」と呼ばれるほど
超人たちのなかで尊敬を集めるのが混成競技のチャンピオン。
男子は2日間で十種目、女子は七種目をこなします。
超が3つつくくらいハイレベルな運動能力テストを見ている感じ。
かなり圧倒されます。

ヨーロッパで特に人気が高い1500m。
これは是非注目したいです。
「走る格闘技」といわれるくらい熾烈な位置取り。
その熾烈さは女子も同じ。
05年世界陸上では2位でゴールした選手が走路妨害のために失格。
そのくらいハードなんです。
この種目はロシア勢が圧倒的な強さを誇り
今大会でも上位独占を狙っています。

3000m障害。ちょっと規格外という感じの種目。
障害物が28回、そして水濠が7回待ち構えています。
たいていの選手は水濠に足をかけます。
ところがケニア勢。
この種目にめっぽう強いケニア勢は軽々と飛び越えていくんです。
圧巻ですよ。彼らの走りは。

一見地味な投擲種目。
ところが国が変われば大人気。
例えばやり投げ。
フィンランドでは体育の授業で行うくらいメジャーな競技。
男子の世界記録は98m48。
投げられた槍は落下までに放物線を描きます。
この放物線がエレガントで見ていて退屈しません。

他にもあるのですが、陸上競技にはそれぞれの種目に見どころが満載。
夏の夜に繰り広げられる超人たちの大運動会。
長居陸上競技場では

なんや、めちゃ、すごいわ!

の声が連発するやろね。

怪物:中田翔の3年間その②

夢の100号に届かなかったものの、投手としては最後の夏に完全復活。
140kmを常時出す思いストレートと切れ味鋭いスライダー。
高校生が打てるボールではない。

力に頼りまだ技術力に課題の残る打撃に対し、
投手としてはパワーに加えて繊細さ、さらに器用さを備えている。

気になるのが今後。
松坂選手を好きな投手に挙げるよに元来の中田翔は投手への想いが強い。
「卒業後は打者で勝負したい」と夏前に口にしていたが、
夏の好投で投手への挑戦心が刺激されたよう。
某スカウト曰く、
「打撃はプロで考えるとしばらく苦労しそうだが、あのパワーと
体力は並じゃない。投手としても捨てがたい」と。

女手ひとつで育てられた中田翔
母のために「将来は大金を稼げる選手になりたい」と。
実力だけではない。ハングリー精神ももつ。
今後の更なる活躍が楽しみ。

【動画】06/08/12 斎藤佑樹 vs 中田翔
2006年夏 甲子園を最も沸かせたシーンのひとつ。
対戦前夜、今大会No.1スラッガーと評される中田翔選手をどう思うか、
と記者にインタビューを受けるハンカチ王子

はい。大阪桐蔭の4番打者ですよね。それは認識してます。
と短いコメント。
どちらも強気!
2人の歴史に残る対決は




怪物:中田翔の3年間その①

8/8に開幕した甲子園
今年の主役は本塁打記録で話題を集めた大阪桐蔭:中田翔
のハズだったが大阪大会決勝で敗退。
無念!
「怪物不在」のまま甲子園は開幕。
なんとも残念。
「エースで4番」は少なからずいる。
しかし中田翔のように、

・打って高校通算87本塁打
・投げて最速151km


オリックスの清原選手とレッドソックス松坂投手
合体させたような選手は高校野球史上存在しなかった。

彼のこしかたを振り返る。

広島ですごした中学時代。
世界大会でMVP獲得。
全国の強豪校が獲得に動いた中での大阪桐蔭行き。
中田翔はプロ、メジャーの器。厳しい環境下でもまれた方がいい」という
周囲のススメもあった。

甲子園初登場は2年前。夏の甲子園。
135m弾に147km/hのスーパー1年生としていきなりの全国デビュー。
2年春に右ひじを痛め打者に専念するようになると
またたく間にアーチを量産。
高校最多本塁打記録を更新。
残念ながら最後の大阪大会ではノーアーチで夢の100号には届かなかった。

【動画】大阪桐蔭中田甲子園でホームラン




FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。